主婦のわたくしごと

三十路専業主婦。家事のこと、子育てのこと、クラウドソーシングの仕事のこと、あれやこれや。

夫に嫉妬してむせび泣く

昨日は子供の前で初めて声をあげて泣きました。

 

夫は昼まで寝て、学生時代の友人と飲み会に行くからと東京へ出かけていきました。

※ちなみに我が家から東京までは片道4時間以上かかり、ちょっとお出かけする距離ではありません。

私はいい嫁ではないから、「夫ばっかりずるい、快く送り出せない」と嫌味を言い、午前中は寝ている夫への当てつけとして娘と2人ででかけました。

 

それでも心は晴れなくて、

夕食は手抜きしようと思って寄ったお総菜屋さんの接客がちょっと冷たくて、

家に着いたと思ったらマグからお茶が漏れていてリュックがビチョビチョで、

そこでなんかもうワーッとスイッチが入ってしまって、帰宅して娘と2人で夕食を食べている間中ずっと「わぁぁぁぁーん!!!」と言いながら泣いていた。

 

娘は一瞬キョトンとしたけど、私が「わぁぁぁぁぁ~ん!」と言うたびに「( ゚∀゚)アハハ」と爆笑してました。泣いてるんじゃなくて笑ってるように見えたのかな。

まぁ、でも娘が笑ってくれて少し救われました。

 

接客が冷たくても、リュックがビチョビチョでも普段は流せるのに。

 

今、特別育児がつらい時期だったわけではなくて、夫にどうしても家にいて欲しかったわけではないです。仕事だったら何とも思わなかった。

 

ただ、東京へ一人で遊びに行くのがうらやましい。

うらやましいなんて可愛らしいものじゃなく、妬ましい。嫉妬です。

ずるい、ずるい、ずるい、ずるいよー!!!

なんで夫ばっかり。

「私、かわいそう」って思いながら泣いていた。

 

夫は趣味だ飲み会だなんだかんだで、月に1回は東京へ行きます。

私も学生時代と会社員時代は東京で過ごしたので、自分の生まれ故郷より、東京の方が知り合いや友達がいます。

私だって東京行きたいよ。たまには友達に会いに行きたいよ。

って言ったらきっと夫は

「じゃあ行ってこればいいじゃん」って言うんでしょうけどね。

そう簡単にはいかないんだよ、って。

母親が子供を置いて遊びに行くなんて、って人に批判されたくないから。

そして何より自分が「母親が子供を置いて遊びに行くなんて」って思ってしまっているから。

 

子供を持つなら、自由とか時間とか諦めなきゃいけないことがあるのは生む前から分かっていたつもりです。

今も分かっているつもりです。

普段はわかったことにしているつもりです。

が、目の前に何も諦めていない夫がいるとつい妬ましくなってしまうよね。

子供が生まれる前と同じように、仕事をして、趣味も続けて、休日は起こさなければ昼まで寝て、飲み会に行って、友達にもあって、

で、飲み会では友達に娘の写真とか見せちゃって「お前もすっかり父親だな~」とか言われちゃってたりして。(←妄想)

こいつ何も諦めてないじゃんって。

なのになんで父親として世間に認められてるの?って。

私ばっかりなんかいろいろ諦めちゃってずるくないか?って。

 

でも矛盾しているようだけど、夫には今のまま自由にしていてほしい。

だって、夫に我慢させたら私が悪い嫁みたくなっちゃうから。

夫がいい夫であればあるほど、相対的に私の妻としての評価が下がっていくというか。

 

・・・何を書いているのかよくわからなくなってきましたが、自分の性格がかなり歪んでいるのは自覚できました。評価とか、認められてる、とか批判されたくない、とか。そうの気にしすぎるからよくないんだよね。

 

まぁ専業主婦の戯言です。

「専業主婦できるくらい稼いでくれてるんだからいいじゃない」

「専業主婦の仕事は家事・育児でしょ」

って言われたらもうそこで終了です。ぐぅの音もでません。

なので、ブログの中でだけ、吐き出させていただきました。

 

次はもう少し明るく(?)

娘の成長記録(1歳6カ月)or学資保険完結編

を書きたいと思います。