主婦のわたくしごと

三十路専業主婦。家事のこと、子育てのこと、クラウドソーシングの仕事のこと、あれやこれや。

あさイチ「オンナ×働く」モヤモヤ大特集を見て考えたこと

いつもは朝ドラ受けが終わったらEテレに切り替えるのですが、興味深いテーマだったので思わず見てしまいました。

 

内容は要約すると

・共働き女性は、子育てに仕事に家事に毎日ヘトヘト、誰かに謝ってばかり。一億総活躍っていうけど、これがほんとに活躍ってことなのとモヤモヤ

・専業主婦は、家事や育児に専念している(=働いていない)と、社会からは活躍していないと言われているようでモヤモヤ。

・独身女性は、職場で子育て女性のフォローをするうちに自分のプライベートの時間が奪われて婚活もままならずモヤモヤ。

と、どんな立場の女性も心にモヤモヤを抱えているという話。

 

私が考えるモヤモヤの理由

現代の女性がモヤモヤする理由は2つあると思う。

①人生の選択肢が増えて、人によって生き方に大きな差があるから

1世代前は結婚したら子供を産んで専業主婦がスタンダードだった(んだと思う)けれども、今は結婚するかしないか、子供を産むか産まないか、仕事を続けるかやめるか、人生がいくつも枝分かれしている。だから、行き詰った時にあのとき違う道を選んでいたら、あの人みたいにしていたら、と考えてしまうのでは。

 

②他人の生き方を簡単に覗き見できる時代だから

雑誌では「女性のリアルな生き方!」みたいなのがよく特集されているし、ネットでもSNSでも個人が発信した他人の日常の情報があふれている。自分の生き方しか知らなければ何も感じないことでも、他人の生き方や日常を知ってしまったら、うらやましい・ねたましい・私には無理、という感情が生じてモヤモヤしてしまうのではないか。

 

モヤモヤをなくすにはどうしたらいいのか

全ての女性がモヤモヤせずスッキリした気分で生きるにはどうしたらいいのか。

番組内では男が家事育児をもっとすればいいという流れになっていたけど、私はそうじゃないと思うんですよね。。。

もちろん、男性も家事育児をして女性の負担を減らしてくれるのはとてもうれしい話。だけど、結局そしたら男性も家事育児仕事に追われて共倒れになるんじゃないかなと。

そして、女性はたぶん、自分と違う生き方をしてる女性を見てモヤモヤしていると思うんですよね。

例えば専業主婦の私なら、バリバリ働くワーキングマザーを見ると、自分が社会からおいてかれているようでモヤモヤする。

同じワーキングマザーでも、経済状況や親に頼れるかどうかなどの環境の違いでモヤモヤする(実際聞いた話)。

だから、極論を言うと男性が何をしようが関係ない。

ここからは暴言かつ妄言なのですが、女性がみんなバリバリ働き、子供を生み育て、かつモヤモヤしないためには、法の強制力をもってみんなの環境が平等になる様にするしかない気がする。

例えば、馬鹿げた話であくまで例え話ですが、

・20~25歳の間に結婚することを法律で定める(相手がいない人には国が強制的にカップリング)

・25~35歳の間に子供を2人生むことを法律で定める(授からなかった夫婦には国が養子をあっせん)

・妊娠や結婚を理由に退職することを法律で禁止する

・どんな仕事でも子供が3歳になるまで育休をとることを法律で定める

・育児の際親(祖父母)の助けを借りられない家庭にはレンタル祖父母(ファミサポの拡張版みたいなもの)をあっせん

・育児中に親の介護が必要になった場合は、国が手厚く補助をだす。

こんな感じにすればみんな平等になってお互いモヤモヤしなくなるのでは?

だってみんな同じだから、誰かと比べて落ち込むこともない。

 

モヤモヤを抱えながらそれでも生きる

上に書いたような平等な世の中になることはまずないでしょう。というか、実現してしまったらそれはそれで怖い。

今自分にできることは「モヤモヤしたっていいじゃない」と開き直って、できるだけ前向きに生きる事かなと思います。

政府の定義する活躍の定義がフルタイム正社員だとしても、今の私にそれはできないのだから、違う活躍の仕方を模索するしかない。

また、子育てや家事を自分なりに真剣にやることで、これも一種の活躍であると納得するしかない。みくりちゃんみたいに。

このモヤモヤも、いろんな過渡期にある現代を生きたことの証として、胸に抱えながらそれでも生きる。

・・・とポエムで締めます(笑)