主婦のわたくしごと

三十路専業主婦。家事のこと、子育てのこと、クラウドソーシングの仕事のこと、あれやこれや。

【朗報】ついに、ママさんに自分から連絡先を聞く

 

今週の月曜日に子育て支援センターで凹みました↓

kasegitaihaha.hatenablog.com

 火・水・木とショックで引きこもり。生協の配達のおじちゃんとしか会話せず。

が、そこから一転、今日、初めて、ママさんに連絡先を聞けました!(涙)

 今日はいつもの支援センターの自由解放日。

3日間引きこもっただけなのですが、社交場復帰がかなり億劫な気分で、行くかどうか相当迷いました。(いつもは、風邪のとき以外は少なくとも一日おきにどこかしら行っていたので)

でも、この3日間で家の中の空気(主に自分の周り)がかなり淀んでいるのを感じていたので、一念発起、出かけることに。

 

3日ぶりのお外は、なんか涼しくなってました…びっくり。

 

こんな日に限って、支援センターはギュウギュウの満員。入口の靴の多さに、回れ右して帰ろうと思ったほど。

お母さん方は奥の方に固まってたのですがもちろん混ざる勇気などなく。

入り口付近で子供と2人遊んでました。

楽しそうに談笑するお母さん方。ママ友同士ではなさそうだけど、「久しぶり~」なんて言ってるから顔見知りなのだろう。

 

はぁ、今日は駄目だな(いやいつもだめだけど)。来るんじゃなかった。

 

と思っていたその時!ハイハイで我が子と同じくらいの子がこちらへ!

お母さんも一緒にやってくる。

聞けば我が子と同月齢だとか。

いつもどこにお出かけしてますか、涼しくなると服装むずかしいねとか、雑談。

そう、いつもここまではできるんだ、ここまでは。

きっと今日も雑談で終わるんだろう。でもいいじゃないか、誰かと話せただけで。

 

と思っていたその時!なぜか他のママが一斉に帰り支度を!

どうやら支援センターの隣にある保育園の園庭に行くって話になったようで。あれだけギッシリいた親子が波が引くように部屋から出ていきます。

※それにしても、ママ友同士で来てたわけじゃないのにみんなして一斉に帰るとは…ママ同士の同調圧力おそろしや。

まだ歩けない(=園庭で遊べない)子は、我が子と件の同月齢の子のみ。

このままだと確実に2人きり(二組きり?)になる・・・・

 

今しかない!

最後のママさんが出て行ったあと、2分ほど雑談・・・・

ついに切り出す・・・・!!!

「あの、もしよかったら、連絡先とか交換しませんか??」

 

言えた―!!!

優しい方で、「もちろん!」と快く連絡先を交換してくださいました(涙)


そのあと、互いに実はママ友いないとぶっちゃけるに始まり、実は彼女の旦那さんと私の夫が同じ会社に勤めてる(!)とわかったり、スーパーの特売の話から、互いの年齢から、義実家の愚痴まで、一時間ほどかなり腹を割って話すことができました(当社比)。


*************

支援センターに通いはじめてほぼ半年。初めて、他のお母さんに連絡先を聞けました。


よく「自然とママ友ができる」というけど、私には「自然と」はできませんでした。

今日も、他のママさんがいなくなる「偶然」と、自分の今聞かなきゃいつ聞く!?という「勇気」の2つがたまたま揃わなければ無理だった。

社交的な人にとってはその「偶然」も「勇気」も、自然にできてしまうのだろうけど...


まだ、ママ友と呼べるかどうかはわからないけど、「連絡先を聞く」というアクションを自分にも起こせたことが何より嬉しい。


これからも細く長く、今日会ったママさんと繋がりを持てたらなと思います。