主婦のわたくしごと

三十路専業主婦。家事のこと、子育てのこと、クラウドソーシングの仕事のこと、あれやこれや。

メルカリ(売る側)を1カ月やってみた感想

先月から1カ月間メルカリ(売る側)をやってみました。
アカウントは随分前から持っていたのですが、使ったのは今回が初めてです。

7品出品して5品売れ、
売上金は4523円でした。
※送料や手数料は除く

驚くほど儲かる!というわけではなかったですが、
リサイクルショップに買い取ってもらうよりは遥かに高値で売れました。

以前リサイクルショップに服を売った時の記事↓買取価格12着で511円(;'∀')
www.syufu-watakushigoto.xyz

■売れたもの・売れなかったもの

売れたもの
・趣味のスポーツ用品
・スリング
・バスローブ
・本2冊

売れなかったもの
・ベビーシューズ(未使用)
・授乳ケープ

でした。

■気づいたこと①1週間以内に売れないと厳しい

売れたものは出品してから(あるいは値下げしてから)2~3日で買い手が付きました。
限界ギリギリまで値下げしても1週間売れなかったら、諦めてリサイクルショップに売りに行くべし。と思いました。
今回売れ残った2品も出品を取り下げたので、次の週末にでも2nd streetに売りに行こうと思います。

■気づいたこと②手軽とはいえ面倒なことも

出品するのは写真撮ってコメント書いて値段を決めるだけなのでとても簡単です。
ただ、出品した後はいろいろ面倒だなと感じました。

まずはお客さんとのメッセージのやり取り。
値下げ交渉とか、発送の連絡とか。
初心者だったので、何か失礼なことをしてないかなと心配で、メッセージを作るのにも時間がかかりました。

それと、梱包材の用意。
出品中は、「これ、あの商品の梱包に使えるかも!?」と家にある段ボールやプチプチや袋なんかを無駄に取っておくようになってしまい、
モノを減らすためにメルカリやってるつもりが、梱包材だらけで逆にゴチャゴチャするという本末転倒状態に。

また、発送も殆どの場合コンビニでできて便利な仕組みではあるのですが、こちら0歳+2歳の子持ち。
しかも普段、コンビニにはほとんど行きません。
2人の子供を連れて発送だけの為にわざわざコンビニに行くのは面倒。
と思って、上の子の一時保育の間に発送作業をやってたらメルカリ関係の作業だけで貴重な一時保育の1日が終わってしまいちょっと残念な気持ちに。

その他にも、初めての出品で、メルカリの仕組みが分かっていなかった部分があり、自分で調べたり、お客さんに連絡したりと
こまごまとしたことに時間がかかりました。

(どんな失敗をしたかは長くなるので次の記事にでも書きたいです)

■気づいたこと③売れると中毒になる

出品した時点では、「まぁしばらくほっとくか~」って感じでテンション低めだったのですが、
続々買い手がついてくると、なんというかハイな気分になります。
ただの専業主婦だった私が「かねごんshop メルカリ店」の店主になったような。

で、お客さんが待ってるんだから!と変な責任感が芽生えて、
子どもの相手よりもメルカリ対応を優先してしまったり。
良くないですね。
取引中の商品がいくつもある状態の時は、
家事育児のもそこそこに、スマホ見たり梱包したり、ほんとにメルカリ中毒になってしまってました。
「職業:メルカリスト」って感じでした。

■結論:しばらくメルカリ(売る側)はお休みします

前述のように、
手軽だけど面倒ごとも多い
売れると中毒になってメルカリ三昧してしまう
ので、しばらくメルカリでモノを売るのはお休みしようと思います。

そもそも、もう家に売るようなものがあまりないというのもあるんですけども。

売上金で何か買おうかな~と思ったんですが、折角いろいろ処分したのにまたモノを増やすのも…と思い、銀行振り込みにしようかと思います。
期限があるみたいなので忘れないうちに手続しておかねば。



にほんブログ村

【長女2歳2カ月】調理実習

最近、ままごとの延長線上で長女に料理を手伝ってもらっています。

一番簡単で、長女も集中してやってくれるのが葉野菜をちぎること。


この日はレタスです。(台所は色々触られたくないのでちゃぶ台でやってます)
f:id:kasegitaihaha:20180114233401j:plain

ちぎったレタスはチャーハンに入れました。
f:id:kasegitaihaha:20180114233708j:plain



平日の夕食はヨシケイの食材宅配を頼んでいるのですが、付け合わせの葉野菜が多くて結構余らせてしまいます。
残った分を昼食のチャーハンやスープに入れて消費することが多いので、長女にちぎってもらっています。
あとは鍋の時の白菜やキャベツもちぎってもらいます。
結構時間稼ぎになるし、私も助かるしイイ感じです。

そのほか娘にしてもらっているお手伝い
・玉ねぎの皮をむく
・ゆで卵の殻をむく
・盛り付け(うどんにネギをパラパラーとか)
・生卵を混ぜる
・お米を研ぐ

皮むき・殻むき系以外は、ひっくり返されてビシャーってならぬよう、ついていないといけないので、
そこそこ余裕のある時だけやってもらってます。
お米研ぎは延々やりたがるのですが、「じゃあ次は炊飯器のスイッチ押してよ~♪」と誘うと切り上げてくれます。

本当はパンとかお菓子とか娘と一緒に作ってみたいんです。
が!そういう平常業務+αのことをすると私がキャパオーバーしてイライラするのが目に見えているので、なかなか手が出ません。
以前にホットケーキを一緒に作っただけで、手を出されたくないとこで娘がやりたがり、ムキーってなってしまいましたのでね…
娘を楽しませるつもりが、なんでか怒って終わってしまうという。キャパの狭い母で申し訳ない。

そういう楽しませるために準備が必要なやつは、本当にほんとにほんっと~に余裕があるときじゃないとだめだな。と思いました。
なので、朝昼晩のごはんで本当に必要な作業を、やってもらって助かったなと思えることのみ今はお願いしています。

とはいえバレンタインには何か一緒に作ってみたいものです。



にほんブログ村

手芸熱高まる。いろいろ購入

 

いろいろ買ってしまいました。

まだ何も届いてないけれどわくわく。

 

■ミシンとソーイング本

 

ついにミシンを買いました。

 この記事書いてから10カ月も経ってしまった…腰重かった。

 

www.syufu-watakushigoto.xyz

 

 10か月前の記事にいただいたコメントを読んで、やっぱり電子じゃなくてコンピュータミシンがいいな~と思っていろいろ探しました。

結果、選んだのがこれ↓

【レビュー数★9400件超え★圧倒的高評価】ブラザーミシン「PS205/PS203/PS202」【5年保証】【あす楽】

価格:16,750円
(2018/1/14 04:17時点)
感想(9520件)

コンピュータミシンの中ではかなりお安いモデルのようです。

どのくらい使うか未知数なミシンに2万円以上出すのが、なかなか勇気がいりました。

なんとか1万円台で抑えられるものはないかな…と検索してたどり着いたのがこちら。

フットコントローラーもつけました。

 

あと、ミシンのことがわからなさすぎるので本も2冊買いました。

 

イチバン親切なソーイングの教科書 ミシンで上手に縫う、きれいに仕上げるコツを解説。豊富な手順写真で失敗ナシ![本/雑誌] (単行本・ムック) / かわいきみ子/著

価格:1,188円
(2018/1/14 04:19時点)
感想(1件)

通園通学グッズの本は中を見て買いたかったので、珍しく書店で買いました。

まず、お着換え入れる用の巾着を縫ってみたいと思います。

 

■吊るし飾り(ひな祭り用)

 

次女の初節句に向けて。

我が家には長女が生まれたときに母に買ってもらった親王飾りがあります。

次女のために何もないのは寂しいなぁ、と。

でも、予算もないし、大きいものは置くスペースもないし…

というわけで、「そうだ、吊るし雛つくろう」となりました。

ミシンを買っておきながら、ザ・手縫い、かつひな祭りまでという期限付きのものを買うのも…と思いつつ。でも考えだしたら吊るし雛で頭がいっぱいに。

・・・結局買いました(;'∀')

買ったのはこちら↓

★パナミ 京ちりめん 下げ飾り「願いの糸」三本飾り(女の子)/LH-395 [ちりめんキット/つるし飾り/ひなまつりキット]

価格:3,013円
(2018/1/14 04:06時点)
感想(2件)

つるす枠(?)が傘状になっているものが多いですが、カーテンレールに吊るしたかったので、平面的な棒状のものを選びました。

セリアで接着芯と綿は購入済み。あとは届くのを待つのみ。

ちなみに、手芸は超ド初心者です…無事に仕上がるんでしょうか。

無事に仕上がったら、ブログでも報告します。

報告がなかったら、『…あいつ挫折したな』と笑ってやってください(^-^;

 

いつも読ませて頂いているももさんのブログで作り方が紹介されていたので(キットの種類は違いますが)、大いに参考にさせて頂こうと思います↓

toyhime.hatenablog.com

ももさんも、吊るし飾りのキットは難易度高め、と書かれてますね…ますます大丈夫か私。

 

 **************************

手芸用品の恐ろしいところは買った時点で既に変な充足感にみたされてしまうことですね。

作らなきゃ意味ないよ!自分。

というわけで、今月は吊るし飾り、来月はミシンをメインに頑張りたいと思います。

 


にほんブログ村

「仕方なく」の仮面をかぶって専業主婦になった私

やっと長女が昼寝した・・・

 

さて、先週「専業主婦は2億円損をする」という本がよく読ませていただいているいくつかのブログで紹介されていました。

1/9まで無料で読めるということだったので、怖いもの見たさで読んでみました。

「うーん、まぁそうだよね~。でも、もう私専業主婦になっちゃったからどうしようもないよね~」っていう感想でした。

でも、もし、この本を専業主婦になる前に読んでいたとしても、やっぱり同じ道を選んでいたと思うのです。

 

 

会社を辞めてからもうすぐ3年になります。

新卒で入って、そこそこ長く勤めた会社でした。

夫の転勤についていくために退職しました。

転勤先ではパートか派遣など残業のあまりなさそうな働き口を探そうと思っていましたが、

退職の直後に長女を妊娠したことがわかり、そのまま再就職することなく専業主婦に…という感じです。

 

周りの人には「夫の転勤さえなければ、ずっと勤めていたかった」「仕方なくやめる」と言っていました。

でも本音では「一度会社を辞めて、ひと休みしたい」と思っていました。

 

他にも「激務の夫を支えたい」とか「自分の母親も幼いころは専業主婦だったので子供が小さいうちは専業主婦かな、という漠然とした感覚」とか、こまごまとした理由はいろいろあったのですが。

圧倒的にメインの理由としては、「一度会社を辞めて、ひと休みしたい」です…

 

向上心のない奴、ひと休みだなんて世の中舐めてる、って思われたくなかったので、表向きは「仕方なくやめた」ことにしていました。

今でも、これだから専業主婦は・・・って思われたくないので、聞かれれば「仕方なくやめた」ことにしています。

 

ちなみに会社はブラック企業でも何でもありません。

むしろホワイトというか、残業しないで早く帰りなさいよと(口だけですが(笑))言ってくれる会社でした。

ワーキングマザーの先輩もたくさんいました。

実は辞めてから10年は再雇用してくれる制度があり、今でも社内報などまめに送ってきてくれたりします。そのくらい女性の活躍(?)に理解がある会社です。

 

 でも、その時の私のこころは辞めたいくらい疲れていた。

 

一つには仕事へのやりがいというか…やってる意味がよくわからなくなってきたから。

メーカーの開発職だったのですが、製品サイクルの非常に速い業界で、一生懸命作っても数日で販売終了なんてこともザラにあり。

さらには他社の方が品質がいいと買い叩かれ。

私が開発しなくても世の中誰も困らないよな~、と仕事への社会的意義を見出せなくなり、仕事するのが虚しくなってしまいました。

そこでもっといいもの作ってやろう!と発奮するべきだったんでしょうが、

「だったらもう他社のやつ使ってもらえばいいやん」って思ってしまった。

圧倒的に愛社精神が足りなかった。

他社に代わってもらえる仕事より、家庭を優先したいと思ってしまった。

 

 

もう一つは、ワーキングマザーの生きにくさを間近で見て、自分にはできないと思ったから。

ちょうど自分が入社したころ、先輩方の産休・育休ラッシュで。

小さいお子さんを持つ先輩社員がたくさんいる中で働いてきました。

会社自体はワーキングマザー推進の雰囲気でしたが、一部の上司は前時代的というか、ワーキングマザー推進の世の中だと理解はしていても、納得していないのが表情ににじみ出ていて。

子どもの熱で早退と言えば、露骨に嫌な顔をしたり。

私が残業していると「○○さん(時短している先輩)みたいなのがいるから、かねごんさんが残業しなきゃいけなくなるんだよなぁ」と上司に言われたり。

 

そして、そんな上司に反発心を抱きつつも、どこかワーママ先輩の分の仕事を肩代わりさせられていると思ってしまっている自分もおり。

実際大した仕事を肩代わりしているわけじゃないんです。朝の当番とか、夜の締め作業とか。

先輩たちもできた人ばかりで、「やってもらって当然」なんて態度はみじんもなく、都度「ありがとう」「ごめんね」と言ってくれていたのに

理解のある後輩を演じつつ、心の中では「肩代わりさせられてる」みたいに思ってしまう自分が嫌でした。

 

そんなことくらいで「やってやってる」って思う自分はワーママになってはいけないと思いました。

 

だって、これで自分がワーママになったら、後輩に「やってやってる」って思われても文句言えないわけです。

そう思われながら働くのが耐えられないと思いました。

 

 そのぐらいで、耐えられないとか軟弱すぎるって自分でも思うんですけど、耐えられないものは耐えられないんです。

2億円のチケットを捨てること、

もう一生かけても正社員には戻れないかもしれないこと、

迷惑かけたくないからって辞めても、辞めた時点で私の育成にかかった費用が無駄になって結局社会的な損失になっていること、

など、頭ではよーくよーくわかっていましたが、やっぱり感覚的に無理なものは無理というのが私の結論でした。

世の中的には馬鹿な選択だったんでしょうけど、気持ち的に無理なものを、損得勘定だけで40年間勤めあげるのはやはり無理だと思います、今でも。

 

世の中には本当に仕方なく専業主婦になった方も多いと思います。

また、本当に家庭のことを考えて専業主婦になった方もたくさんおられると思います。

なので、どうかこれだから専業主婦は~なんて、私のケースだけを見て思わないでいただきたいのですが…

 

でも、私は「仕方なく」という仮面をかぶって、「一休みしたい」というヘタレな理由で会社を辞め、専業主婦になりました。というカミングアウトでした。

 


にほんブログ村

 

水回りのスッキリ化

水回りをスッキリさせるために、いろいろとやめたり変えたりしました。

■台所の水切りかごをやめました

我が家の台所は作業スペースがめちゃくちゃ狭いです。

水切りかごがさらにそのスペースを圧迫していたのでストレスに。

水切りかごにカビが生えてきたので処分すると同時に、水切りかご自体を置かないことにしました。

 

before
f:id:kasegitaihaha:20180109121406j:image


after
f:id:kasegitaihaha:20180109121501j:image

作業スペースが広くなり、包丁で切る作業や盛り付けが楽になりました。

洗った食器は作業台にタオルを敷いて仮置きしています。


f:id:kasegitaihaha:20180109121530j:image

 水切りかごが無くてもタオルで十分でした。

タオルだと、無茶な積み上げ方ができないので、洗ったあとに置くスペースが狭いと感じることもあります。

そのおかげで、食器の形ごとに整理しておくようになった→拭いて食器棚にしまう作業がやりやすくなったので、かえって良かったかもしれません。

 

■トイレブラシをやめました

トイレブラシが不潔な気がして(いや実際不潔で)、トイレ掃除が億劫でした。

トイレ掃除した後水を切ってしまうまでにどこかにブラシから水滴が垂れそう…

トイレブラシを動かして床を拭きたくない…

なので、こちらの流せるトイレブラシを買いました↓

 

 

before
f:id:kasegitaihaha:20180109121630j:image

 

 after
f:id:kasegitaihaha:20180109121847j:image

※ついでにブタさんのサニタリーボックスも撤去

流せるトイレブラシのハンドル(柄)は吸盤式フックでタンク裏につけました。
f:id:kasegitaihaha:20180109121640j:image

 

柄を立てて置けるスタンドもついていたのですが、そもそもトイレの床に何も置きたくないなと思って買ったので…スタンドは捨てちゃいました。

 

使い捨てのブラシ先端はジップロックに入れてトイレの上の棚へ
f:id:kasegitaihaha:20180109121928j:image

 

 

流せるトイレブラシを使った感想ですが

 

よかった点

・見た目がスッキリする

・先端部分が使い捨てなので清潔

・先端部分を捨てる際も手を汚さない(ワンタッチだしトイレに流せる)

 

・ブラシが小さめなので割と隅まで掃除できる

 

いまいちな点

・先端部分が柔らかいのでゴシゴシ掃除した感はない

・水が濃縮洗剤でかなり青く染まるので汚れがどこにあるか見つけにくい

・柄の部分にもトイレの水がかかる(ので、しまうときは拭くなり洗うなりしなくちゃいけない)

 

こんな感じでしょうか。

特に、柄の部分にトイレの水がかかってしまうというのは、「したたり落ちる汚れた雫問題」から完全には解放されないということで、少々残念な部分ではあります。

もちろん普通のトイレブラシに比べればかなりマシなのですが。

私は、柄の部分はきれいなトイレの水で洗ってから、よーく水を切って、トイレットペーパーで拭いて、S字フックにかけています。

 

 


にほんブログ村

 

 

義実家に行ったことがない問題 2nd Edition

もう、お正月も終わりですね。

 

年末年始、奥様方の中には、旦那さんのご実家に行かれる方も多いのではないでしょうか?

そんななか!

私は!

義実家には一度も行ったことがありません。

結婚してから一度も、です。

 

世間一般的に見ると、かなり珍しいケースなのでは?と勝手に思っています。

 

このことを以前にも記事にしたのですが、どうにも義両親の悪口っぽくなっちゃって、自己嫌悪になり記事を消しました・・・(^^;)

 

 最近、自分も丸くなってきて、客観的に「義実家に行ったことがない」事実と向き合えてきた気がするので、改めて書いてみます。

 

■結婚して3年、義実家には行ったことがない

婚前の挨拶やら顔合わせやらは、外食で。

結婚後、義実家方面に帰省したこともありましたが、夫のおばあちゃん宅(義母の実家)で集合解散。

子どもが生まれてからは、義両親が我が家へ来るパターンが多くなりました。

 

はっきりと「来ないでほしい」と言われたわけではないのですが、

いつも会おうという話になると

「じゃあおばあちゃん家で…」

「じゃあ、そっちに行くわ…」とかわされる感じです。

 

と言っても、夫が連絡窓口になってくれているので、私はどんなふうな会話がかわされたのかは直接は知らないのですが。

 

■なぜ義実家に我々を呼びたがらないのか?

 

義実家とは、決して仲は悪くないと思います。

孫の写真をネタに、写真共有アプリを通してほぼ毎日なにかしらやり取りしていますし…私たちに興味が無い訳でもないと思うのです。

 

仲は悪くない、興味がないわけでもない、ではなぜ義実家に我々を呼びたがらないのか?

夫が言うには「狭くて、ものがいっぱいあるから」だそうです。

夫実家は義父さんの社宅で広くないらしく。

かつ昔ながらのかさばる家財道具がたくさんあるから余計に狭くなってるらしいです。

 

義両親はあまり家のことについて語りたがらないのですが、帰省の話になったとき、

義母が

「うちは狭いから・・・」

「うちに来ても料理とか無いから・・・」

と言ってるのは聞いたことがあります。

 

これは私の想像ですが、私の実家と比較して、引け目を感じてるのかなという気もします。

件の写真共有アプリは我が家+両実家でグループを作っており、私の実家への帰省の写真などもアップしてるのですが、

その様子(田舎の一軒家だからそこそこ広い、実母が手料理作ってくれる)を見て、「こんな風にはできない。だから呼ばない。」って思われてるのかなと。

 

 

■義実家に行ったことがないことにマイナスの感情を抱いていた

義実家に行ったことがないことに対して、ずっと、どうしようもないモヤモヤ感を抱いていました。

このモヤモヤの中身を分解してみると

 

・招かれたら招き返すでしょ普通!っていう憤り

・嫁の勤めを果たさせてもらえない不完全燃焼感

・ないがしろにされてる感

 の3つだったように思います。

 

「不完全燃焼感」というのは、世間のお嫁さんは居心地がよかろうが悪かろうが義実家に行っているのに、私は・・・という罪悪感みたいなものです。

義実家に行ったことないというと、よく「楽でいいじゃん」って言われるのでね。

いや、楽するために行かないんじゃないんだよ!

行かせてもらえないんだよ!、という不完全燃焼感。

 

「ないがしろにされてる感」は、義実家に行ったことがないということに関して、

実母が

「夫の実家にも入れてもらえないなんて…オヨヨ(´;ω;`)」

「結納もしてもらえなかったし…オヨヨ(´;ω;`)」

という感じのことを言うので。それで刷り込まれた気がします。

まぁ、事実、私を家に入れるために掃除や片づけをするのもめんどくさいということなんだろうから、ないがしろにされてるのかもしれませんけどね…と、また愚痴っぽくなってしまったわ(;'∀')

 

■なぜ最近そのマイナスの感情がなくなったの?

 

最近、「義実家に行ったことない」問題に対するモヤモヤが薄れてきたのは、

実際問題、義実家行くよりこっちに来てもらう方が楽じゃない?と気づいたからです。

 

義両親が来るとなれば、掃除・片付け・食事の準備と色々手間がかかります。

今まではそのことにばかり目が向いてモヤモヤしてました。

 

しかし、逆に義実家に行くとなると、

2人の子供を連れて長距離移動した末、

慣れないギジッカにお邪魔して、

夜は慣れないホテルに泊まる。

切符やホテルの予約の手間、金銭的負担などなど考えると、

意外と義実家に行く方が疲れるんじゃないの?と思い至りました。

 

あとは、普通、平等にこだわるとつらくなると気づいたというのもあります。

 

こと、親戚づきあいに関しては。

 

私が思う「普通」とか「平等」は私が育ってきた環境で培われてきたものなんですよね。

違う環境で育ってきた夫、その夫を育ててきた両親と、「普通」「平等」の感覚をすり合わせるのはすごく難しいことで・・・

 

100%一致しなかったからといって、相手側が非常識だ!と糾弾するのもなんだかおこがましいなと、齢三十にしてようやく気づきました。

私の思う「普通」が本当に常識的である保証はどこにもないわけですし。

 

私の思う

「普通」(嫁が義実家に行くこと)、「平等」(我が家に招いたんだから次は義実家に呼んでもらう番)、

という大義名分を果たすだけのために義実家詣をすることって果たして意味あるの?

義両親はやりたくないのに。

私も疲れるのに。

 

だったら、このまま、我が家にお招きするスタイルを貫けばwin-winじゃないか、と。

 

■とはいえ。

まだ完全に吹っ切れてはいません。

やっぱり義実家に行ってみたい・・・という気持ちがあります。

 

義母さんは「もてなし出来ないから、来てほしくない」って思ってそうだけど。

お料理いらないし、もちろん泊まらない。ごはん時じゃないときに行くから、学校の先生の家庭訪問くらいの時間でいいから、お邪魔してみたい。

 

単純に夫の実家がどんな町にあって、どんな感じで、っていうのが見てみたいだけなのです。

 

再来月あたりに義両親と会うことになりそうなので、義実家に少しお邪魔できないか夫を通してお願いしてみようと思います。

今まで、正面切ってお願いしたことはなかったので。

 

それでも断られたら、すっぱり諦めて、義実家の幻を胸に抱いて生きていきます(笑)

 

 

 

2017年12月の在宅ワーク収入

30代専業主婦2児の母。クラウドソーシングやポイントサイトでの収入を毎月報告しています。


■収入詳細
ランサーズ:632円(+209円)

げんだま:138.6円(-77.3円)

不満買取:129円(+19円)

ーーーーーーーーーーーーー

合計 899.6円(+150.7)

※()内は前月比

これ以外に、ブログ収入が野口まであと一歩程度ありました。

■12月のトピックス

◆プロジェクト方式の案件採用
2件応募して、1件採用されました。
データ入力系です。
まだお仕事が完了していないので、実入りは無いですが…1月以降に期待。

◆ブログで役に立つ記事を書けるように頑張った

この辺の記事です。
www.syufu-watakushigoto.xyz
www.syufu-watakushigoto.xyz
www.syufu-watakushigoto.xyz

役に立つ…かどうかはわかりませんが、自分が知りたいと思って検索した内容を記事にするよう心掛けました。
「加湿器 水 減らない」とか。
「窓 冷気 段ボール」とか。
「生後2か月 RSウイルス」とか。
ただ、どうしても自分の書きたいことを優先的に書いてしまうきらいがあり、
目標の5記事には届かず。

◆GoogleAdSense急上昇しすぎて不安

どうしたんでしょうか?
世の中にはアドセンス狩り(意図的にたくさん広告をクリックして、禁止されている自己クリックのように見せかける?)というものがあるらしく。
この急上昇にそういった類のものが絡んでないか少々不安です…

=======================

■12月の目標達成状況

ランサーズ:プロジェクト方式の案件での採用
→達成◎1件採用

げん玉:毎日ログイン
→未達×

不満買取:30件不満を投稿
→未達×18件でした。

ブログ:役に立つ系の記事を5つ書く
→達成×3記事でした。

■1月の目標

不満買取:20件不満を投稿(目標を低めに設定しなおし)
ブログ:AdSense狩り対策
ブログ:レビュー記事を書く(リュック、ヨシケイ)
ランサーズ:プロジェクト方式の案件、もう1件採用

頑張ります!


にほんブログ村